FANDOM


メトリアカントサウルスは、『ジュラシック・パーク』シリーズに登場する草食恐竜。

概要編集

メトリアカントサウルスは、かつてヨーロッパを支配していた、俊足の肉食二足歩行の恐竜である。Metriacanthosaurusは「ほどよいトゲのあるトカゲ」を意味する合成語で、特徴的なトゲのある背骨からその名前が付いた。アロサウルスと同時代を生きた恐竜と思われるが、その生態の多くは未だ謎に包まれている。

映画版編集

イスラ・ソルナ島でインジェン社によって再生され、飼育された。インジェン社を買収したサイモン・マスラニが建設するジュラシック・ワールドのために新たにつくられたメトリアカントサウルスのクローンはオリジナルのサイズよりも小さい。両腕には羽毛が生え、皮膚にオレンジ色の縞模様、尾は黒色の縞模様がある。白亜紀クルーズで見ることができる。

2015年の事件後、メトリアカントサウルスは絶滅した。

特性編集

Editicon このセクションは書きかけです。是非編集ボタンをクリックして知っていることを追加しましょう!

食べられた登場人物編集

トリビア編集

ギャラリー編集

脚注編集