FANDOM


パキケファロサウルスは、『ジュラシック・パーク』シリーズに登場する草食恐竜。

概要編集

パキケファロサウルスは北アメリカに生息していた堅頭竜類に属する恐竜である。この種族は約6,500万年前に起きた白亜紀〜古生物が全滅する前に生存していた最後の非鳥類の恐竜であった。

独特な厚い頭骨で補強されたドーム状の頭蓋を持つ。その強固な頭蓋により互いの頭を付き合わせて戦うとされていたが、近年ではこの定説は間違いではないかとも言われている。

Pachycephalosaurusは「分厚い頭のトカゲ」を意味する合成語。

映画版編集

イスラ・ソルナ島では9頭のパキケセファロサウルスが再生され、飼育された。インジェン社を買収したサイモン・マスラニが建設するジュラシック・ワールドのために再生されたパキケセファロサウルスはオリジナルのサイズに近く、皮膚は暗い赤色、下腹部と斑点がライム色。パキケ・アリーナというセクションで飼育されている。

特性編集

  • 威嚇や攻撃に使うという、特徴的な形の頭部を持つ。
  • 果物と種を食べる。

食べられた登場人物編集

トリビア編集

ギャラリー編集

脚注編集