FANDOM


サイモン・マスラニは、マスラニ・グローバル社のCFOでジュラシック・ワールドを設立したオーナー。

概要編集

1970年代初期に設立されたインドの通信ネットワーク会社マスラニの設立者サンジェイ・マスラニの息子で、1967年にムンバイで生まれた。父サンジェイはジョン・ハモンドの親友だった。

1992年に父親が亡くなると跡を継ぎ、通信ネットワーク以外にもアブダビで石油部門の会社を設立し成功させる。

ヘンリー・ウーと彼のチームによる、ハイブリッッドな恐竜に興味を持ち、財政難から再建の道を探っていたインジェン社の買収に乗り出し、交渉の末1年後に買収に成功、1998年にインジェン社を傘下にした。そしてハモンドの夢を実現するためにパークを作ることを公表し、2005年に正式にオープンした。

パークは成功していたが、さらなる客寄せに遺伝子操作でインドミナス・レックスを生み出す。飼育環境をオーウェンに評価させるように部下のクレア・ディアリングに命じる。 インドミナスが脱走すると、最初は高額投資をしているために殺処分を躊躇したが、ウーの独断で新種開発が行われいたことがわかると激昂し自らへりでインドミナスの討伐に向かった。しかし翼竜園のドームから脱走した翼竜の群れにより兵士らを殺され、ヘリが撃墜し墜落、爆死した。

トリビア編集

ギャラリー編集

動画編集

脚注編集