FANDOM


Stegosaurus-header-icon

この記事はあなたの編集を待っています!!
 

編集 ボタンをクリックして、
知っていることを追加しましょう!



クレア・ディアリングは、ジュラシック・ワールドの運用管理者。

概要編集

ジュラシック・ワールド編集

パークの運用管理者として雇われているが、恐竜たちのことはビジネスの道具と割り切って無関心。パークの新たな目玉として遺伝子操作によって生み出された新種のハイブリッド恐竜インドミナス・レックスのことに追われ、甥のグレイザックがせっかく遊びに来てもアシスタントのザラに世話を任せていた。

オーナーのマスラニからインドミナスの飼育環境をオーウェンに評価させるように命じられ、会いに行く。二人は以前デートしたことがあるが今は交流はなく、インドミナスに関しても口論になったもののオーウェンは仕事を受け入れた。

インドミナスが脱走し、パークは混乱に陥るなかでクレアは行方知れずになった甥たちを探しに出かける。オーウェンの助けにより無事再会を果たし、恐竜への考え方も改めるようになった。

多くの被害を被りながらも、インドミナスがモササウルスに水中へと引きずり込まれて決着がつき、クレアとオーウェンも仲を取り戻す。

ジュラシック・ワールド/炎の王国編集

パークでの事件から生き延びたあと、クレアは恐竜を保護する為の団体「Dinosaur Protection Group」[1]を設立し、保護活動に命を捧げている。イスラ・ヌブラル島で火山噴火が起き、恐竜絶滅を防ぐために探検隊を引き連れ島へ向かう。

トリビア編集

ギャラリー編集

動画編集

脚注編集

  1. DPG